new9ac.jpg
「成功の9ステップ」オーディオコース (CD10枚組)


成功の9ステップを自宅で聞くことが
できるCDセットです。いきなり15万の
セミナーは…という方は、まずはこの
CDセットでセミナーの内容をつかみましょう。
ライブセミナーを受けた人は、復習に最適です。




あなたの夢を見つけ、あなたの夢をカタチにする! 「ir大学」

投企(ハイデガー)

 ハイデガーは、人間が世界を構成する純粋意識ではなく、
自分が選んだり、造ったりしたわけでもない世界に否応なく投げ込まれて
しまっている存在であると指摘した。


 人間は否応なしにこの世界を生きなければならない。
 このすべての人間に共通した状態をハイデガーは「被投性」と名づけた。


 そして、被投性は、気分(とりわけ、不安)を通して自覚される。


 たとえば、日常生活の中でぼっかり空いたエアポケットのような瞬間に、


「どうして俺はここにこうして生きているのか?」、
あるいは、
「やがて死ぬ自分にとって、生きることにどんな
意味があるのか?」
といった不安を抱えた問いが、誰にも忍び寄る。


 このとき、われわれは「どうして自分はここに存在するのか?」という
不安から、自分がこの世界に投げ込まれており、ここから決して
逃れられないこと(被投性)を自覚せざるをえない。


 いったん、被投性を自覚すると、ヒトは、いつか自分が死によって、
この世界から強制的に退場させられる事に気がつく。


 自分の死を鋭く意識することをハイデガーは
死への「先駆的覚悟性」と呼んだ。


 この死の自覚からさらに自分の生の意味をもう一度捉えなおし、
再構成する試みが始まる。


 この試みは投企と呼ばれる。


 ここまでを整理すると、世界の中に否応なしに投げ込まれていた者が、
不安を通してそれを自覚し、そこから新たに自分を捉えなおし、
新たな生き方を始めるという流れが読み取れる。


 死の自覚を通して、人間は自分を新たな可能性に向けて投げ込むことが
できる。人間は不安を通して被投性に直面させられるが、逆にこれによって
はじめて、存在と自由の真の意味が得られるのである。

(日本実業出版社「絵でわかる現代思想」より)
posted by ジェイ・ロビンズ at 01:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学者・偉人

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ

『明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ』
マハトマ・ガンジー
posted by ジェイ・ロビンズ at 23:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学者・偉人

「お前には無理だよ」

「お前には無理だよ」と言う人の言う事を聞いてはいけない。
もし、自分で何かを成し遂げたかったら、出来なかった時、他人のせいにしないで、自分のせいにしなさい。
多くの人が僕にも、「お前には無理だよ」と言った。
彼らは君に成功して欲しくないんだ。何故なら、彼らは成功出来なかったから。
途中で諦めてしまったから。
だから君にもその夢を諦めて欲しいんだ。
不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。
決して諦めてはダメだ。
自分の周りをエネルギーで溢れ、しっかりとした考え方を持っている人で固めなさい。
自分の周りを野心で溢れ、プラス思考の人で固めなさい。
近くに誰かあこがれる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。
君の人生を考える事が出来るのは君だけだ。
君の夢が何であれ、それに向っていくんだ。
君は幸せになる為に生まれてきたんだ。

マジックジョンソン
posted by ジェイ・ロビンズ at 22:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学者・偉人

どうして、自分を責めるのですか?

「どうして、自分を責めるのですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだから、いいじゃないですか。」

アインシュタイン
posted by ジェイ・ロビンズ at 22:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学者・偉人

マーティン・ルーサー・キング・Jr.

jr.bmp「考える人は頭がいい人に使われ

頭がいい人はお金のある人に使われ

お金がある人は夢がある人に使われる。」

いい言葉ですね。
どうあるべきかを考えさせられます。



posted by ジェイ・ロビンズ at 22:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学者・偉人

【無料講座あり】成功するための「通信制論理エンジン」受講生募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。