new9ac.jpg
「成功の9ステップ」オーディオコース (CD10枚組)


成功の9ステップを自宅で聞くことが
できるCDセットです。いきなり15万の
セミナーは…という方は、まずはこの
CDセットでセミナーの内容をつかみましょう。
ライブセミナーを受けた人は、復習に最適です。




あなたの夢を見つけ、あなたの夢をカタチにする! 「ir大学」

メガイベント終了(2)

 メガイベントは終了したけど、これからメガ人生が始まる。
 ちょっと振り返ってみたいと思う。
 私は元型心理学で言うと「魔法使い」の色が濃いので、だいぶ分析的になってます。

 セミナーは学びの場がいくつかのレイヤーに分かれていた。

 まずはセミナーにチームで参加するということの学び。
 それからジェームスの講義を受けての学び。
 演習(ワーク)の学び。
 成功を収めているさまざまなマスターからの学び。

 抜き出して書いてみたい。

■チーム制

 正直言うと最初どうなるんだろうと不安だった^_^;。
 初顔合わせの人たちとうまくできるのだろうか? という部分もあり、そのためにセミナーを勉強できなかったりすると困るな、と思った。個人でセミナーを受けたほうが氣が楽だと思った。

 だけども、参加するからにはこれも学びと考えて、できるだけベストを選択しようと思った。NLPでいうとラポールの実践の場だよね。

 2日目くらいからメンバーとだんだんと打ち解けて来て楽しくなってきた。顔と名前が一致しない人がいなくなった。もともと嫌になるくらい前向きな人たちが集まっているので(笑)、ラポールを築きやすかったんだね。

 いろいろな経験と境遇を持った人たちが集まっているなあと思った。自分もそのうちのひとりで。
 それぞれの目的と過去と仕事と。

 共通しているのは、よりよい人生を送りたいということ。
 自分なりの成功を掴みたいと思っているということ。
 幸せを「したい」と思っていること。

 演習を獲得するために、みんなでどうするか話し合った。
 どうやって目立つか、どう他のチームと差別化をするか、チームのアイデンティティをなににするか…。

 同じ目標に向かい、協力し合い、仲間意識が芽生えてくると、みんなが大事に思えてくる。大事な繋がりがあると思えてくる。
 この感覚は、個人で参加したのでは味わえないものだね。

 学生時代に味わったクラスの仲間意識や、仕事で同じ状況を味わっているという仲間意識よりも、大きな仲間意識があった。
 そうならざるを得ないヘビーな日程だったということだね^_^;。

 後半、小チームが出来てリーダーをすることになった。
 小チームが出来てから、明らかにチームの動きが活発になった。
 ここで、チームビルディングのさわりを学んだ気がする。

 私は「お祝いチーム」で、お祝いカードを目立った行動をした人に配る計画をしたり、チームリーダーに内緒で寄せ書きの色紙を全メンバーに書いてもらったりした。

 セミナー中は講義をフルに受けるのを前提にすると自由な時間がほぼないから、色紙作りをバレないようにするのはだいぶ氣を使ったけど、最終的にリーダー達を感極めさせて泣かせることができて目的達成ヽ(´▽`)ノ。
 ワッキーやざわっち、さつきちゃんのおかげだね。

 チームは徐々に、自分達が与えられることに集中するよりも、会場に与えることに集中していった。それがセミナーの大命題でもあったからだ。

 他のチームを応援したり、会場を出る人にハイタッチをしてみたり。明らかにチームは成長していた。

 最終日集まったとき、人はこの短い期間でこんなにも仲を深められるのかと思った。セミナー終了後はみんな別れを惜しんでいた。

 チーム活動での学びは、まずリーダーだけで指示を完結しようとしてはいけないということ、能動的なメンバーと協力すること、役割と単位を作ること、全員を巻き込んでいくこと、そういったことをじかに学んだ。


posted by ジェイ・ロビンズ at 22:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ジェームス・スキナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【無料講座あり】成功するための「通信制論理エンジン」受講生募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。